×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

チョンダビンとは

チョンダビン(鄭 多彬)は1980年3月4日生まれの大韓民国の女優で、ANAフィルムエンターテイメントに所属していました。2000年の映画、「燃ゆる月」でチョンダビンはチェ・ジンシルの少女時代を演じてデビュー。チョンダビンは2004年には、東国大学校演劇科随時試験に合格し、同大に入学しました。それから3年、2007年2月10日午前、ソウル市江南区三成洞の男性の友人宅で首をつり、チョンダビンは死亡しており、警察は自殺の可能性が高いと見ています。チョンダビンはまだ26歳の若さでした。所属事務所との契約を廻るトラブルや仕事の減少などで悩んでいたとされています。亡くなる前日のチョンダビン自身のウェブサイトの日記には「神が私を迎えに来た」などと書かれていました。チョンダビンのあまりに突然の死と若すぎる死は韓国芸能界に強い衝撃を与え、チョンダビンの葬儀には「屋根部屋のネコ」で共演したキム・レウォンやイ・ヒョヌ、映画「あいつは格好よかった」で共演したソン・スンホン等多くの芸能人が弔問に訪れました。

チョンダビンについて

チョンダビンはほのぼのとした爽やかさと愛嬌たっぷりの笑顔が魅力の人気女優でした。チョン・ダビンの本名はチョン・ヘソンで、高校3年生の時に、街である雑誌社の記者に写真を撮られたのが、芸能界に入るきっかけとなりました。チョンダビンのデビュー当時はトップスターであるチェ・ジンシルに似ていることから、“リトル・チェ・ジンシル”と呼ばれるなど注目を浴びるのです。2002年には『ニューノンストップ』に出演し、チョン・ダビン独特の愛らしいイメージで人気を集めました。日本でも放送され絶大な人気を誇ったドラマ『屋根部屋のネコ』でチョンダビンはヒロインを演じ、チョン・ダビンはトップ女優へと上り詰めたのです。また、映画『あいつは格好よかった』ではあのソン・スンホンと共演を果たし、日本でも話題となりました。

チョンダビンの自殺について

チョンダビンは噂では、高校時代にも自殺未遂があり、うつ病であったということです。また、韓国の芸能人は何らかの理由でうつ病に掛かっている人が多いそうです。チョンダビンの自殺の理由は韓国のサイトでは一年ほど仕事が入って来なかったため相当悩んでいたとチョンダビンの彼は証言しています。またチョンダビンは他にもインターネット上の悪性の書き込み、ネット上での誹謗中傷のせいでチョンダビンは相当傷ついていたそうです。韓国の書き込みは日本人が考えている以上に相当な影響力を持っているのです。チョンダビンの自殺の理由についてはさまざまな憶測があります。でも、チョンダビン本人に聞く事はできません。本当の真実は分かりませんが、少なくとも自殺をする要因はいろいろあったようです。

Copyright © 2008 チョンダビンについてならお任せください